カジノ開設のメリット

カジノは大きな収益を生む

カジノ法案(IR推進法案)が成立し、日本でのカジノ開設が現実味を帯びてきました。

カジノが日本にできることについては世間においても有識者においても賛否両論わかれています。
メリットとデメリットは両方あるので、カジノ開設のメリットについてまとめてみました。

カジノの一番のメリットは大きな収益を生むことです。
カジノを含むIR(統合型リゾート)で収益の柱を作ることに成功したモデルケースがシンガポールです。
シンガポールは2つのIRを設立してカジノだけで年間4,000億円以上の売上高となっています。

IRが東京か大阪(関西)か地方にできるかによって売上は変わってくることが予想されますが、大阪だとシンガポールと同等、東京だとそれ以上だと予測されています。

さらに、円安ドル高傾向にある今、外貨を日本国内に取り込めることも収益を生む理由となります。

雇用の増大

IR推進法案はカジノを含めたIRの設置を推進しています。
カジノ以外にMICEや娯楽施設、宿泊施設もできるので、雇用の確保ができます。

特に地方の場合は、雇用が増えることが住民の増大にもつながるので、税収や経済効果がかなりのものが見込めます。
着地型観光も増えるので、観光産業も潤い、街の活性化につながります。

経済の波及効果が大きい

日本のモデルケースともいえるシンガポールはカジノだけではなく、MICE(国際会議やイベントなど)でも大きな収益を上げています。
世界で行われている国際会議の件数がアメリカは減っている一方、シンガポールは大幅に増大しています。

国際会議などで来訪したら宿泊もするし、観光もするので、海外からお金を取り入れることができます。
日本は観光名所が多いので、観光客や来日訪問者が増えると、IRの地域とその周辺含めた広い範囲において経済の波及効果が大きいです。

 

カジノ開設は日本経済にとって追い風となる期待があります。
デメリットの部分ももちろんありますが、うまく折り合いをつけながら推進していくのかなと思っています。