カジノ開設のデメリット

カジノ開設のデメリットとは

日本経済の立て直しの切り札であるカジノ。

カジノ開設はメリットもありますが、同様にデメリットもあります。
デメリットはずっとつきまといますが、可能な限り解決していくことがカジノ開設につながると思います。

暴力団の介入

賭博といえば暴力団の介入が懸念されます。
海外でもマフィアによるカジノが運営ライセンス制度を導入したことにより、カジノは健全な経営がなされています。

対策は必要ですが、解決策はあるという感じです。

治安の悪化

カジノができることで、地域の治安が悪化するのではないか、という懸念もあります。
パチスロがよくてカジノはダメというのも納得いかないところもありますが、外国人観光客が増加すると治安は気になります。

IRの代表例でもあるラスベガスでは、カジノと治安に因果関係がないとされているので、カジノがどれだけ治安に関係あるかはわからないところです。

ギャンブル依存の増加

ギャンブル大国である日本では、パチンコや競馬などのギャンブル依存症の人がいます。
日本はギャンブル依存症への対策が遅れていると言われています。

カジノは入場にICチップを導入して使用額や入場回数を把握したり、必要あれば制限したりすることも可能です。
利用者を制限することで、ギャンブル依存増加の防止にもつながるのではないかと思います。

カジノは下火ではないか

カジノの収益が下がっている地域もあるので、下火になっているともとれます。
最近の実績であれば、シンガポールはカジノの収益に合わせてMICEや娯楽施設、宿泊施設による増益しています。

狙い通りに外国人観光客を取り込めるか、という疑問もありますが、プロモーション次第かと思います。

メリットとデメリットは表裏一体なので、デメリットを踏まえて推進しておく必要があると思います。